シネマッドカフェ

フレンチプレス式コーヒーとは

現在、コーヒーの抽出方法は、浸漬法(煮出しコーヒー、サイフォン、水出しダッチコーヒーそれに「フレンチプレス式コーヒー」)、透過法(ドリップ、ウォータードリップ)、熱湯噴射式(エスプレッソ)の3種類に分けられます。

私はこの中で最も美味しいコーヒーの抽出方法はフレンチプレス式と思っています。このフレンチプレス式で美味しいコーヒーを淹れるためには、大切な条件があります。コーヒーの豆の品質の良いもの。それにコーヒーを淹れる湯の温度が適切かどうかです。もう一つ付け加えましたら、コーヒーを淹れる適切な時間です。このルールを守れば美味しいコーヒーを淹れる事が出来る、それがフレンチプレス式コーヒーです。

私はこのフレンチプレス式コーヒーでカフェを営業されている知り合いからお話を伺う事が出来ました。コーヒーに対する考え方、カフェの在り方などしっかりした考え方をお持ちになっていらっしゃる彼は、コーヒーを美味しく淹れるための条件を(素材:7)(焙煎:2)(抽出:1) としております。その内の「素材」がスペシャルティコーヒーです。では、スペシャルティコーヒーとは何かと申しますと、栽培、収穫、生産処理、輸送、焙煎、それに抽出に至るまでの過程に特別の配慮 がなされているコーヒーです。

日本スペシャルティコーヒー協会では、スペシャルティコーヒーの定義を、「一杯のカップの中のコーヒーの風味が、素晴らしさであり、消費者が美味しいと評価して満足するコーヒーであること。」と、その冒頭に書いております。そのための条件は前述のとおりです。人の

性格に長所、短所があるように、このフレンチプレス式の特徴にも長・短があります。良い面は、高品質のスペシャルティコーヒーの抽出に適している事。コーヒーの味がストレートに出ます。短所としては、スペシャルティコーヒー以外のコーヒーには適さないこと、コーヒーの微粉も一緒にカップに入り粉っぽくなること、コーヒープレスの洗う手間があることが挙げられます。

| コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.cine-mad-cafe.com/admin/mt/mt-tb.cgi/2

コメントする