シネマッドカフェ

2014年3月の過去の記事

次回店内ギャラリー「こんな映画があった」に変わります

昨年12月に店内の映画ポスターを「いろいろな愛のかたち」に変えてから早4ヶ月近くなりました。お見えになられるお客様から店内のポスターの取り換えの要望も多く頂戴いたしております.早速4月からのテーマを決めました。テーマは「こんな映画があった」です。

名画には「風と共に去りぬ」や「ローマの休日」、はたまた「ウエストサイド物語」といった常に陽のあたる名画と又そうでない名画、公開当時は話題になった映画も、時と共に時代の移り変わりによって風化してしまうような日陰の名画があります。そこで今回は日陰の名画として相応しい作品を取り上げました。

作品は「悪を呼ぶ少年」、「バニーレイクは行方不明」、「素晴らしき戦争」、「太平洋の地獄」、「バグダットカフェ」、「王になろうとした男」、「大いなる勇者」、「フィッツカルド」、「L.Bジョーンズの解放」、「ドレッサー」、「悲愁」、「冷血」、「時計じかけのオレンジ」、「旅芸人の記録」、「天国の日々」、「長距離走者の孤独」などなどの20作品。これらの作品は、今やよほど映画好きのマニア以外はあまり話題に取り上げる事もなくなってしまったような映画です。乞うご期待です。

いよいよ春爛漫。ここシネマッドカフェより歩いて十分の隅田川堤、毎年この時期、お花見見物で賑わう場所です。桜の花は4月初旬が見どころ。お花見や下町散策の際には是非シネマッドカフェにお立ち寄りください。映画のポスターに囲まれた店内で、美味しいコーヒーを召し上がりながらちょっと一休みされてはいかがでしょうか。また、ランチは午後4時までご用意いたしてます。皆様のご来店をお待ちしております。

| コメント(0) | トラックバック(0)

祝ゴジラ生誕60周年

本年が東宝特撮映画の記念すべき映画「ゴジラ」('54)の生誕60周年という事で、ゴジラにかかわる企画がめじろ押しです。私達、ゴジラ世代には嬉しい限りですが、まずその一つが今年6月7日からはゴジラシリーズ第一作の「ゴジラ」が、デジタルリマスター版で全国でリバイバル公開されるニュースです。二つ目は東京、神保町シアターではゴジラシリーズ28作を一挙上映するニュース。三つ目がこれが特に注目されていますが、アメリカで製作された「Godzilla」(監督・ギャレス・エドワード)が近く公開されるニュース。まさにゴジラ年になる勢いです。あの鳴き声は日本人でしたら誰もが知っている、いや知らない人がいないほどあのゴジラの鳴き声は日本人の心に郷愁を与えてくれるのです。そして今ゴジラのあの咆哮が帰ってきます。

日本映画音楽作曲家、伊福部昭氏は映画「ゴジラ」をはじめとする特撮映画の音楽のみならず、数多くの映画音楽を手掛けた日本を代表する作曲家のお一人ですが、この伊福部昭氏こそがゴジラの咆哮の生みの親であります。'83に東宝(株)出版事業室刊「東宝特撮全史」にご本人である伊福部昭氏がゴジラの鳴き声をお作りになった時の事を寄稿されてます。

「コントラバスの低音弦を弦巻(ペッグ)からはずし、この弦を松脂を塗った皮手袋で縦にしごくのである。しごく速度と強さに伴って種々な音色が得られる。これをテープにとって、更に操作を加えあの声が生まれたのである。」歴史的瞬間の出来事であります。

伊福部昭氏もまた今年生誕100年。このめぐり合わせもさることながら、ゴジラ誕生の背景を今に思うと当初悲しくも聞こえたゴジラの咆哮が、次第に頼もしくかつ明るく、我等の英雄の雄たけびにになって聞こえたのは私だけではないはず。この声を生んだ伊福部昭氏は偉大だ。

まだまだゴジラについて語りつくせませんが、是非その続きはシネマッドカフェで。美味しいコーヒーを召し上がりながら、ゴジラを語ってみてはいかがでしょうか。

| コメント(0) | トラックバック(0)

シネマッドカフェでミニパーティー好評です

シネマッドカフェでは8名様から16名様(ご着席の場合)で貸し切りでご利用いただけるパーティーメニューをご用意いたしております。お料理はお一人3000円(消費税込)~、イタリア料理でご用意いたします。但しお飲み物は別途頂戴いたします。ご利用のお時間は3時間とさせて頂いております。ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。電話番号03-6240-4517

 歓送迎会の多いこの時期、アットホームな小さな空間で、お客様だけのスペースの中、ゆったりとお過ごしいただいております。是非ご利用ください。

 メニュー(一例)

       イタリアンカナッペ(鶏レバームース・ブルーチーズ)

       オードブル盛り合わせ(5種類) 

         タコとセロリのサラダ・いろいろなきのこのガーリックソテー

         グリーンアスパラのグラタン

         カプリ風サラダ・ハムとサラミのサラダ仕立て

       アンチョヴィとオリーブのトマトソースのスパゲッティ

       牛すじ肉のトマト煮ソースのスパゲッティ

       若鶏とハーブのきいたソーセージのグリル、ローストポテト添え

       自家製レアチーズケーキ

       コーヒー

| コメント(0) | トラックバック(0)